真田丸で使われる3DCGマップは話題の信長の野望から!!

歴史好きの方なら一度はプレイした事のあるゲーム界の名作『信長の野望』。

 

織田信長をはじめ全国各地の戦国武将でプレイして、天下統一を目指すというゲームです。

 

大河ドラマ『真田丸』では、この信長の野望の3DCGマップが使われ、まるで信長の野望をプレイしているようだと話題になっています。

 

スポンサードリンク

真田丸のマップ

今回の3DCGマップは、視聴者に史実をきちんと分かってもらえたら、より楽しんでもらえるのではないかという意図で導入が決まりました。

 

一言で『強大な勢力を持つ織田信長』と言ってもどれだけ強大な力を持っていたのかは伝わりづらいのが現実。

 

そこで各大名の領土の大きさが視覚的に分かるように勢力ごとに色分けし、大名の顔写真も右側に表示されています。

 

 

もう、こうやって見るとまんま信長の野望ですね(笑)

 

新府城から岩櫃城まで移動すると言ってもそこには越えなければいけない山があり、道は一本道ではありません。

 

そこで3DCGを利用する事で、その旅のルートや要所が一目で分かるようになりました。

 

これだとただ移動したと言われるよりもイメージが湧きやすいので、戦国時代当時の移動の過酷さが伝わりやすくなります。

 

3DCGマップがあることで、真田丸がかなり理解しやすくなるので、本当に画期的な取り組みですよね。

 

信長の野望

信長の野望はコーエーテクモゲームスという会社が出しているゲームソフト。

 

そしてこのコーエーの創立者で、現代表取締役社長を務めるのがシブサワ・コウさんです。

 

もう、小さい頃から信長の野望をプレイしてきた私にとっては神様のような人。

 

私が歴史にハマるキッカケを作ってくれたのは信長の野望なので、今回の大河ドラマとのジョイントはかなり嬉しい出来事でした。

 

もう今の時代の信長の野望のグラフィックはスーパーファミコン時代の比ではないですね(笑)

 

 

ちなみに最新作となるこの『信長の野望 戦国立志伝』では真田丸のエピソードがあります。

 

さらに武将の能力が真田丸の放送に合わせて多少調整されていて、真田昌幸の智略は豊臣秀吉や黒田官兵衛よりも高く、

それ以外の能力も高いオールマイティー型。

 

真田信繁の武勇は上杉謙信亡き後はNo,1に設定されています。

 

真田丸を見ながらプレイすると楽しいでしょうね。

 

3DCGマップの見所

もちろんこの3DCGマップは今後もずっと表示されます。

 

信繁や昌幸が暮らした信濃が、いかに山に囲まれた要害の地なのか?

 

そして上杉や北条が争奪戦を繰り返す沼田城がどれほど戦略上の重要な意味を持つのか?

 

この辺りがとても理解しやすくなるのではないかと思います。

 

そして、徳川家康の伊賀越えルートや上田城合戦の徳川軍の陣形など、目で見て当時の大変さを体感できる画期的なマップになりそうですね。

 

ただ、真田丸を見ながらあの3DCGマップを見てると、本当に信長の野望がやりたくなるんですよね(笑)。

 

買っちゃおうかな・・・。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





2 Responses to “真田丸で使われる3DCGマップは話題の信長の野望から!!”

  1. まこな。 より:

    初めてコメントいたします。

    FC2ブログにて
    「気づかれないうちに…【日記とか戦国とか】」を
    運営している『まこな。』と申します。

    私も1982年生まれで、三日月さんと同年代です。
    (ついでに出身は出雲国で、地理的にも近いです)

    「信長の野望」はスーパーファミコンの頃に知ったのですが、
    私が戦国時代好きになるきっかけとなったゲームです。

    今回の地図については事前には知らなかったのですが、
    大河ドラマで地図を見たとき、一目でピンときました。
    「これって『創造』のゲーム画面とほぼ一緒では…?」と。
    画面右上にカメラの角度を示した全体図がついているのも
    芸が細かいと思いました。

    もともと、シミュレーションゲームの画面は
    必要な情報を分かりやすく見せることが求められるので、
    戦国時代の勢力図や地理的要素を説明するには
    今回の手法は理にかなっていて、視聴者にも好評のようです。
    すでに視聴率が20%を超えたようですし、今後にも期待です。

    余談ですが、「にほんブログ村」のボタンは
    ブログのどこかに配置しておられますか?
    「戦国時代」ランキングに参加されているようなので
    ぜひ応援させて頂きたいのですが、ボタンが見当たりません。
    どこか分かりやすいところにボタンを置かれてはいかがでしょうか?
    (余計なお世話でしたらすみません…。)

    たくさんの興味深い記事を書かれているので、
    これから少しずつ読ませて頂こうと思います。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • 三日月 より:

      『まこな。』さん

      コメントありがとうございます。
      ブログランキングのボタンはサイドバーに設置しました。

      『まこな。』さんのブログも大変興味深く拝見させていただきました。

      同い年の歴史好きということで今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ