真田丸第1話『船出』の感想!!

いよいよ始まりました大河ドラマ『真田丸』。

 

感想を一言で言うと俳優人が豪華で面白い。

 

脚本も歴史好きの三谷好喜さんだけあって、随所に歴史の細かいネタが散りばめられているので、歴史好きの人にも楽しめる内容の大河ドラマです。

 

スポンサードリンク

第1話の感想

第1話『船出』のあらすじは下記の記事から見れます。

 

関連記事⇒真田丸第1話『船出』のネタバレを含む詳細なあらすじ!!

 

1話を見ていて気になったの下記の項目。

 

  • 大河ドラマ『毛利元就』ファンが喜ぶ草刈正雄と榎木孝明の2ショット。
  • 真田昌幸の風格とイケメン具合がハンパない。
  • 松と小山田茂誠はバカップル(笑)?
  • 平岳大の武田勝頼が男気に惚れる。
  • 信繁の表情の緩急、ふり幅が大きすぎ。
  • 穴山梅雪(アナ雪)の裏切りが華麗。
  • 小山田信茂(温水洋一)は見事なヒールっぷり。
  • 北条氏政の味噌汁2度がけの逸話も初回から登場。
  • 昌幸の2枚舌が絶好調。

 

平岳大さん演じる武田勝頼はかっこよかったですね~。

 

今まで勝頼をこんな角度で書いたドラマは無かったんじゃないかな・・・?

 

新府城を後にする姿と岩殿城で裏切りにあり、失意の表情で山中を進むシーンは本当に勝頼の失望感がにじみ出しているようでした。

 

そして、北条氏政の汁御飯の逸話を初回に入れ込んでくるあたりはさすが三谷幸喜さんといった感じ。

 

解説も無かったので歴史好きでこの逸話を知っている人しか分からなかったはず。

 

歴史好きな人は、こういうこだわりを見つけると嬉しいんですよね。

 

関連記事⇒北条氏政は凡将なのか?名将氏康を父に持つ男の評価と最期!!

 

そして武田勝頼を裏切る2人の武将、穴山梅雪(アナ雪)と小山田信茂

 

キャラクターは対照的ですが、武田を裏切って哀れな最期を迎える点では共通した人物ですね。

 

個人的には大河ドラマ『毛利元就』で存在感抜群の渡辺勝と桂広澄を演じた、草刈正雄さんと榎木孝明さんの2ショットは感動ものでした。

 

2人共、時代劇の武将役が似合う俳優さんですが、年を取られるほどにオーラが増していっていますね。

 

ホント男前の俳優さんが甲冑を身につけている姿は絵になります。

 

次回は信繁一行が野武士に襲われながらも何とか真田昌幸と合流するという流れ。

 

今から楽しみで仕方ありません。

 

真田丸は内容が濃くて面白い大河ドラマになりそうだなというのが1話を見終わった後の正直な感想です。

 

次回の内容が気になる方は下記をどうぞ(ネタバレ注意)。

 

関連記事⇒真田丸第2話『決断』のあらすじ(ネタバレあり)!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ