真田丸第10話『妙手』のあらすじ(ネタバレあり)!!

北条と徳川が和睦を結び、真田の領地が両国をまたがる状態となってしまった真田家。

 

昌幸は領土の問題は後回しにして、徳川を利用して真田の城を築城する計画を進めていきます。

 

そして、信繁も上杉家との外交交渉に乗り出し、武将としての経験値を高めていきます。

 

スポンサードリンク

10

 

1分で分かるあらすじ

  1. 家康の元に出向き、沼田領安堵を確認する信伊。
  2. 信幸は家康に『徳川(真田)のためになるから上田に城を築城してよ。』と依頼。
  3. 家康『いいけど替わりに沼田の領地は頂戴ね。』
  4. 信幸激怒。喧嘩一筋の武闘派・本多忠勝(後の義父)と一触即発に。
  5. 家康の打算つきの計らいで人質となっていたゴッドマザーとりが帰還。
  6. 昌幸は沼田領を諦めるも、叔父さん矢沢頼綱が断固反対。
  7. 何気に有能な頼綱は単身沼田城に籠もり北条軍を蹴散らす。
  8. 徳川軍の悲劇を招く名城・上田城が徳川の資金によって築城開始。
  9. 信繁は上杉家への外交担当のプロジェクトリーダーに。
  10. 自分の正体をバラし真っ向から向かい合う事で景勝に気に入られる信繁。
  11. 真田と北条のエア合戦が功を奏し、北条軍は撤退。
  12. 手柄を梅に報告した信繁はそのまま梅にプロポーズ。
  13. 徳川家では真田昌幸の排除作戦が動き始める。

 

真田丸第10話『妙手』の詳細ネタバレ!!

上田城の築城依頼

北条と和睦を結び浜松城に帰っていた家康を訪ねた真田信伊は、重臣の本多正信と対面し真田の領地安堵の件を再度確認します。

 

正信は真田を軽んじない事を家康に忠告しますが、家康は秀吉の対応策で頭がいっぱいの様子。

 

それでも正信の言う事を聞き入れ、真田昌幸に対して浜松城に来るようにと書状を送ります。

 

しかし、昌幸は急病と偽って出席せず、信幸信繁を代りに浜松まで出向かせます。

 

その会見の中で信幸が『虚空蔵山城(こくぞうざんじょう)をご存知ですか?』と家康に尋ねる。

 

虚空蔵山城は真田の領地から目と鼻の先にある上杉の拠点。

 

信幸は虚空蔵山城の上杉軍に対抗し、いざという時に徳川軍が入れるくらいの城を海土淵(あまがふち)に造ってほしいと頼みます。

 

この申し出に本多忠勝が怒りを露わにするも、信幸は築城の必要性を説き最後には家康から了承を得る。

 

しかし、家康は交換条件として沼田の領地をもらい受けたいと提案。

 

これには約束が違うと信幸も怒り、一触即発の空気が流れる。

 

信伊の仲裁で何とか事を収めて別室に引き上げる信幸達。

 

この時、信伊と信繁は徳川に築城を要請した城は上杉ではなく徳川に対抗するものであることに気付いていました。

 

矢沢頼綱と北条の戦い

その夜、家康が酒宴を開き、徳川から真田にとっておきの土産があるといって木曽義昌の人質となっていたとり(信繁の祖母)を真田に返します。

 

これは家康が真田に対して先に恩を売り、沼田の領地を譲り受けようという作戦。

 

報告を聞いた昌幸は上田城の築城を優先するため沼田の事はひとまず忘れると決心したものの、納得がいかないのが矢沢頼綱

 

頼綱は『北条には死んでも渡さん。』と沼田城を死守するき満々で、北条から来た明け渡しの使者を斬ってしまいます。

 

これを機に北条が沼田城攻めを開始するも、頼綱は巧みな用兵で北条軍を苦しめます。

 

海土淵で上田城の築城作業を視察に来ていた昌幸は沼田城に援軍を送らない事を決め、加勢に行きたいという頼綱の息子・三十郎の沼田行きを許します。

 

昌幸が三十郎に伝えた言葉は『戦が長引くようなら叔父上を連れて帰れ。』という事。

 

昌幸にとっても頼綱を失う訳にはいかないので、一度裏切った上杉の力を借りることに、その作戦の立案を信繁に任せます。

 

この事を梅に報告する信繁。

 

そんな中、梅は子供ができたことを信繁に伝えます。

 

上杉との合戦

春日山城を訪れた信繁は上杉景勝に自分は信伊の息子ではなく、真田昌幸の息子であると正体をばらします。

 

その上で、現在徳川が上田に城を築城している事、その城に真田が入り、真田は徳川の家臣になる気はないという事を伝え、北条に上杉が上野を攻めるといううわさを流すために、戦をする芝居をしてほしいと頼みます。

 

怪しむ兼続をよそに、景勝は信繁を気に入った様子でこの申し出を了承します。

 

それから真田と上杉の間で戦の芝居が行われ、真田を破った上杉軍が、勢いに乗って北条を攻めるという噂を聞いた氏政は、一旦沼田城から兵を引くことを決めます。

 

今回の作戦の成功を昌幸と信幸に褒められた信繁は梅にも報告。

 

信繁は

 

『梅やおなかの子供を守るために知恵を絞った結果。』

『自分にはなくてはならない人』

 

だと、梅に妻になってほしいと告げます。

 

一方その頃、徳川家では真田昌幸を排除すべく、本多正信が策を巡らせていました。

 

続き⇒第11話『人質』のあらすじ!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ