真田丸第2話『決断』のあらすじ(ネタバレあり)!!

真田一族だけで新府城から父・昌幸のいる岩櫃城を目指す信幸と信繫。

 

第2話『決断』では勝頼の最期と信幸一行と昌幸との再会が描かれます。

 

スポンサードリンク

2

参考:NHK大河ドラマ・ストーリー真田丸(前編)

 

あらすじ

真田丸第2話『決断』の超簡単なあらすじは下記の通りです。

 

第2話は昌幸父さん、かっこよすぎます。

 

  1. 兵糧狙いの農民に襲われる信幸パーティー。
  2. 信繫、兄のかっこ良さに気づきちょっと胸キュン。
  3. 勝頼が岩殿に向かったことを知った昌幸は佐助に安否確認をさせる。
  4. 最期を迎える覚悟をした勝頼は悟りの境地。
  5. 新府城に入った家康は将来のことが気になるお年頃。狸親父の片鱗もなし。
  6. 仮装して岩櫃に向かう信幸たちに嬉しい裏切り者の援軍。
  7. 勝頼は遂に父・武田信玄の元へ。
  8. 真田昌幸スピリチュアルな力への目覚め。
  9. 家康の穴山梅雪嫌いが発覚。
  10. 信繫、初めての人斬り。
  11. 颯爽と表れて敵を蹴散らす昌幸に信繫歓喜。
  12. 裏切り者小山田信茂は褒賞ではなく斬首が決定。
  13. 真田昌幸は織田信長と仲良くなる事を決意。

 

詳細ネタバレ

岩櫃城を目指す信幸一行は兵糧を狙う農民の一行に襲撃されます。

 

その時、信繫の姉・松が農民に連れ去られそうになります。

 

信繫はその農民を斬ろうとしますが躊躇いてしまい刀が振り下ろせません。

 

その時、信幸が躊躇なくその農民を斬り、『一族のために戦え』と信繫を一喝します。

 

一方、岩櫃城の昌幸は勝頼が岩殿城に向かったことを知り、佐助に勝頼の状況を探らせます。

 

その頃勝頼はコウフガおだの手に落ちたという報告を聞き、自分の最期を悟ります。

 

新府城に入った徳川家康は、参謀の本多正信に自分が勝頼の立場であれば岩櫃城に向かったであろうとこぼし、武田の末路を思うと共に、信長の力が強大になっていく中、これから自分はどうすればいいのかと思案します。

 

農民に変装して岩櫃城に向かう信繫たちのもとに小山田信茂の家臣・八佐衛門がやって来ます。

 

小山田信茂の裏切りを知らない信幸たちは『助けにきた』という八佐衛門の言葉を信じ、岩櫃まで警護をしてもらうことに。

 

一方、武田勝頼は田野村で最期の時を迎え、夕暮れに浮かぶ武田信玄の姿を眺めながら『そちらへ行くのでたっぷりと叱ってください』と自害して果てます。

 

真田昌幸の前にも武田信玄の幻が現れ、佐助の報告を聞く前に昌幸は武田の滅亡を確信。

 

目に涙を浮かべて『自分に何を託したのか?』と信玄に問いかけます。

 

スポンサードリンク

 

翌日、岩櫃を目指す信幸一行は八佐衛門の兵に急襲されます。

 

ピンチに陥る信幸と信繫の前に助勢に現れたのが父・昌幸。

 

昌幸は八佐衛門の兵を蹴散らし、信幸たちと再会を果たします。

 

武田を滅亡させて甲斐の善光寺に入った織田信忠は小山田信茂の不忠を咎め斬首を命じます。

 

織田の説得工作で寝返った木曽義昌や穴山梅雪と、主君を見捨てた小山田信茂は決定的に違うということです。

 

岩櫃城で軍議を終えて1人思案する昌幸は、信幸と信繫を呼び、上杉景勝につくか北条氏政につくかを話し合います。

 

信幸も信繁も自分の意見を述べますが話はまとまらず、最終的に昌幸は織田信長につくことを選択します。

 

真田丸第3話『策略』あらすじとネタバレ&感想へ

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ