賤ヶ岳の戦いでの七本槍の活躍と柴田勝家の最期!!

賤ヶ岳の戦いは、織田信長政権の終りと豊臣秀吉政権の始まりを分岐点。

 

「古きを新しくする」時代を一新する意味合いが強い歴史上の節目に当たります。

 

そしてこの賤ヶ岳の戦いで争ったのが、織田信長が本能寺の変で明智光秀に殺された後、その権力を二分した豊臣秀吉と柴田勝家です。

 

スポンサードリンク

猛将柴田勝家

柴田勝家は北陸にあって、当時最強の武将と名高い上杉謙信の勢力と互角に渡り合っていたほどの猛将でした。

 

Shibata_Katsuie

 

しかし織田信長の敵討ちに間に合わず、1582年の清須会議で豊臣秀吉に出し抜かれてトップの座から引きずり降ろされてしまいます。

 

戦場では無類の強さを発揮する柴田勝家も政治面での駆け引きは苦手なようで、人心掌握の差が豊臣秀吉に負けた原因だと言われています。

 

1583年(天正11年)の近江の賤ヶ岳の戦いでは甥の猛将・佐久間盛政が怒涛の如く攻め込み、大岩山砦の中川清秀を討ち取り、黒田官兵衛や高山右近を退けます。

 

関連記事⇒黒田官兵衛(如水)の最期と辞世の句!

 

この時、勝家は敵陣に深く入り込まないように命令を出しますが、勝家の命令が聞き入れられず、佐久間盛政の深追いで戦いに敗れることになります。

 

そして賤ヶ岳の戦いの途中には、配下として最も頼りにしていた前田利家が突如として戦線離脱。

 

そして、柴田勝家には二人の養子、柴田勝政と柴田勝豊がいたのですが、2人の不仲を仲裁することができず、結果的に柴田勝豊が豊臣方に寝返るという事態も起きています。

 

柴田方は、美濃の織田信長の三男・信孝と伊勢の滝川一益と手を結んで三方向から豊臣方を攻め、一時は優勢だったものの、配下の裏切りや指示の行き届かない面などが大きな仇となって自滅。

 

敵の不仲な情報を入手し、巧みに離間させるところは豊臣秀吉の持ち味ですが、柴田勝家に隙があったのも事実でしょう。

 

これが、根っからの武将である柴田勝家と人と人の絆を大切にする豊臣秀吉の大きな差でした。

 

関連記事⇒豊臣秀吉の指は6本あった!!天下人の性格と意外な死因!!

 

そしてその人のつながりの差が戦場の士気にも影響を及ぼします。

 

賤ヶ岳七本槍

豊臣秀吉配下で手柄を立てて武勇の誉れに与えられた「七本槍」の称号。

 

一番槍・一番首の大手柄をあげた福島正則をはじめ、加藤清正、加藤嘉明、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則、片桐且元の七人全員が20代の若さでした。

 

それがこの賤ヶ岳の戦いを機に福島正則が5000石、他は3000石と大出世しています。

 

小姓として幼いころから秀吉に仕えていた福島正則や加藤清正は、これまで育ててもらった恩を感じて壮絶な戦いに挑んだと言われています。

 

私は人の心を掴んでいた豊臣秀吉と人と距離を置いていた柴田勝家の差が、戦局に大きな優劣をつけたのではな以いかと思います。

 

そして豊臣秀吉の凄いところはアピールが上手なところ。

 

20代の7人が柴田勝家相手に手柄をあげて加増されたという事実を世間に公表することで、配下の武将たちは立身出世の意欲が膨らみ、敵の勢力も豊臣秀吉の下で活躍すれば評価してもらえるという事実を作り上げました。

 

これは新しい時代の到来を告げるものとなり、織田信長の統治からの脱却のイメージを天下に与えたことになります。

 

スポンサードリンク

 

柴田勝家の最期

秀吉は前田利家の軍を先頭に、北ノ庄に籠城する柴田勝家を攻めます。

 

柴田勝家は北の庄城の落城が決定的になると、子供達を逃がし、妻のお市の方と共に自ら切腹して果てています。

 

この時、勝家はお市の方も子供達と一緒に逃がしたかったのですが、お市の方自らが勝家と共に最期を迎えることを希望したとされています。

 

辞世の句は

 

『夏の夜の 夢路はかなき あとの名を 雲井にあげよ 山ほととぎす』
意訳すると、『山ホトトギスよ、夏の夜の夢のように短く儚い私の名前を後世まで伝えてくれ。』となります。

 

これが織田信長の下で猛将と呼ばれた武人の最期です。

 

豊臣秀吉はその後、天下を統一し、太閤と呼ばれることになり、北の庄を脱出したお市の方の娘・茶々は、秀吉の側室に迎えられ淀殿と呼ばれるようになります。

 

関連記事⇒豊臣秀吉の側室茶々(淀殿)と石田三成の怪しい噂!!

 

しかしこの茶々(淀殿)も豊臣秀吉の亡き後は、母のお市の方や義父・柴田勝家のように、新たな時代を作るべく台頭した徳川家康によって哀れな最期を迎えることになります。

 

こう考えると何とも皮肉な結果ですね。

 

柴田勝家は織田信長亡き後の織田勢力の象徴であり、豊臣秀頼は豊臣秀吉亡き後の豊臣の象徴でした。新しい時代はこの象徴を打ち破った末に訪れるものなのかもしれません。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ