吉田松陰の辞世の句や名言などの逸話まとめ!!

このブログで紹介してきた吉田松陰の名言や逸話をまとめました。

 

涙なしでは語れない松陰の最期の様子や魂の遺書・留魂録。

 

そして松陰亡き後に妹が語った兄・松陰の逸話などこの記事を通して吉田松陰という人物に近づいてみて下さい。

 

スポンサードリンク

名言

吉田松陰が残した珠玉の名言。

 

松陰が生きた時代と現代では大きく状況が異なりますが、それでも松陰の言葉は私達の胸に突き刺さるものがあります。

 

それは松陰が人として生まれたからには心掛けないといけない普遍的な事柄を語っているからではないかと思います。

 

詳細記事⇒吉田松陰の名言!!

 

家族構成

吉田松陰は長州藩の足軽であった杉百合之助の次男として生まれ、長州藩の兵学師範を務める吉田家に養子として入ります。

 

しかし、吉田家の当主であった大助が若くして亡くなってしまい、吉田性のまま杉家に戻って暮らします。

 

詳細記事⇒吉田松陰を取り巻く杉家の家族構成!!

 

年齢

現代に残る吉田松陰の肖像画は松下村塾の塾生である松浦松洞が描いたもの。

 

吉田松陰

 

肖像画を見ると吉田松陰が意外と年配に見えるかもしれませんが、この肖像画が描かれたころ松陰は何歳だったか知っていますか?

 

詳細記事⇒先生と呼ばれた吉田松陰の意外な年齢は?

 

玉木文之進

吉田松陰の人格形成に大きな影響を与えた叔父の玉木文之進。

 

松陰の考え方や物事に取り組む姿勢はこの玉木文之進によって作られました。

 

詳細記事⇒松下村塾の元祖玉木文之進のスパルタ教育に耐えた吉田松陰

 

野山獄と高須久子

生涯、女性を知らなかったと言われる吉田松陰。

 

その松陰の唯一のロマンスとも言われているのが野山獄で出会った高須久子です。

 

詳細記事⇒吉田松陰の恋人?高須久子との野山獄での関係!!

 

梅田雲浜

吉田松陰が安政の大獄で江戸に送られるきっかけを作った梅田雲浜。

 

この雲浜との出会いが松陰の運命を変えてしまうことになりました。

 

詳細記事⇒吉田松陰の運命を変えた梅田雲浜!!

 

安政の大獄

吉田松陰は取り調べの結果、『島流し』という罰が下されるハズでした。

 

しかし、それを幕府の大老である井伊直弼がその罰を『死罪』に書き換えたと言われています

 

詳細記事⇒安政の大獄を行った井伊直弼!!

 

2冊目の留魂録

最期の時を前に吉田松陰が書き残した魂の遺書・留魂録。

 

この留魂録を確実に萩で待つ塾生の元に届けたかった松陰は2冊の留魂録を作り、1冊を伝馬町の牢屋敷で一緒だった沼崎吉五郎に託します。

 

現代に残る留魂録は、この沼崎吉五郎が受け取ったものです。

 

詳細記事⇒吉田松陰が沼崎吉五郎に託した遺書『留魂録』!!

 

吉田松陰の最期

当時現場にいた関係者たちの証言から分かる伝馬町の牢屋敷での吉田松陰の最後の様子。

 

吉田松陰の覚悟は幕府の役人をも感嘆させます。

 

詳細記事⇒【号泣必至】吉田松陰の最期の様子と辞世の句!!

 

両親の夢

吉田松陰が最期の時を迎えたまさにその時。

 

松陰は父・百合之助と母・滝に夢の中で別れを告げます。

 

これは作り話ではなく、2人が証言した本当の話です。

 

詳細記事⇒吉田松陰が処刑された時の父・百合之助と母・滝の夢!!

 

松陰の妹が語る松陰の性格

明治時代になって松陰と一番年の近い妹・千代が兄・松陰について語った記事が残っています。

 

妹から見た吉田松陰の性格とは?

 

詳細記事⇒明治になって文の姉・千代が語った兄・吉田松陰の逸話!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ