大谷吉継の病気と藤堂高虎が建てた関ヶ原の墓所!!

大谷吉継は加藤清正や福島正則と同じく、豊臣秀吉の馬廻り衆から大名に登りつめた人物。

 

石田三成の盟友として、関ヶ原の戦いで奮戦したことなどから義に厚い武将として人気があります。

 

吉継は関ヶ原の戦いの時は重い病気にかかっていて、輿に乗っての参戦だったと現代に伝わっていますが、この時、吉継がかかっていた病気とは一体何なのか?

 

今回は関ヶ原に残る藤堂高虎が建てたという大谷吉継の墓所の逸話と共に吉継の病気がどんな病気だったかということに迫ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

吉継の病気

一般的に大谷吉継がかかっていたとされる病気はハンセン病(らい病)と言われています。

 

Ōtani_Yoshitsugu

 

ハンセン病とは皮膚と神経が侵される感染症。

 

皮膚に赤い斑点(はんてん)ができ、酷い場合は顔や手足の形が変ってしまうこともあったようです。

 

もちろん神経が侵されているので、斑点になっている部分は感覚もなし。

 

顔の形などが大きく変ってしまう病気のため、昔は前世での行いが悪かった人が、その罪を今世にも引継いでなる病気だとされていました。

 

大谷吉継はこのハンセン病によって顔の形が崩れていたとされているため、ドラマなどでは顔を隠すために白い頭巾を被った姿で登場します。

 

豊臣秀吉と辻斬り騒動

ある時、大坂で町の人が次々と斬られるという辻斬り騒動がおこります。

 

この騒動は『千人斬り』と呼ばれ、この時に犯人として疑われたのが吉継でした。

 

これは、『ハンセン病を治すために吉継が辻斬りを行い、毎晩人の血をなめている。』という噂が立ったため。

 

もちろん、この時は吉継以外の犯人が捕まり事件は解決していますが、この犯人が捕まるまでは世間では吉継にかけられた疑いが強かったようです。

 

ただ、そんな状況にあっても豊臣秀吉は吉継がそんな事をするはずがないと吉継に対する信頼が揺らぐ事はなかったとされています。

 

ハンセン病は事実?

ここで気になるのが吉継は本当にハンセン病にかかっていたのか?ということ。

 

実は大谷吉継がハンセン病にかかり白い頭巾を被っていたというのは江戸時代から登場する逸話。

 

当時の書物にはそういった記録は登場しないことから、大谷吉継がハンセン病にかかっていたというのは後世に作られた創作話である可能性が高いようです。

 

大谷吉継は病気で白頭巾というイメージが完全に定着しているので、ここから白頭巾を被っていない姿に脳内変更するのは少し大変かもしれませんね(笑)。

 

吉継の用兵

ただ、関ヶ原の戦いの際に輿に乗って参戦していたという記録があるので、足が悪かったか、体が弱っていた可能性が考えられます。

 

この時、吉継は年齢で言うと40代の前半から半ばくらい(生まれた年がハッキリ分かってないため)。

 

目も見えづらくなっていたようなので、もしかするとハンセン病ではなかったにしても、何か他の大きな病気にかかっていたのかもしれません。

 

そんな状態でも関ヶ原の戦場に出陣し、輿に乗って軍勢を指揮。

 

後に徳川家康の信頼厚い外様大名となる藤堂高虎、京極高知の軍勢と激戦を繰り広げます。

 

この2隊と交戦するだけでもかなりの労力を必要としますが、さらに小早川秀秋が裏切り、大谷隊に突撃してきても、見事に小早川軍を撃退しています。

 

吉継はある程度小早川秀秋の裏切りを予想していたと言われますが、それだとしても3隊を相手に優勢に戦いを進める吉継の用兵の才能はかなり秀でていたのではないかと思います。

 

関連記事⇒小早川秀秋の死因は大谷吉継の呪い?関ヶ原での裏切りの理由!!

 

豊臣秀吉の下で武功を挙げた人物として有名なのが加藤清正福島正則片桐且元といった賤ヶ岳の七本槍。

 

吉継はこの七本槍には名を連ねていませんが、この賤ヶ岳の七本槍は個人で挙げた武功を評価したもの。

 

私は吉継は黒田官兵衛と同じく、個人で槍を振るっての武功よりも采配を使って軍勢を指揮することに長けた武将だったのではないかと思っています。

 

関連記事⇒大谷吉継の最期と関ヶ原で共に戦った2人の武将!!

 

スポンサードリンク

 

藤堂高虎が建てたお墓

現在関ヶ原に残っている大谷吉継の墓は激闘を繰り広げた藤堂高虎が建てたものだと伝えられています。

 

一時は劣勢に追い詰められた敵の大名の墓所を建てる。

 

これは吉継に対して尊敬の念がないとできる事ではないと思います。

 

もちろん、敵の墓を建てることで徳川家にあらぬ疑いをかけられる可能性もあります。

 

西軍の敗北が決まってから多くの大名が逃亡を図る中、関ヶ原で最期を迎えた大谷吉継。

 

藤堂高虎が吉継の墓を建て、徳川家もそれを咎めなかったのか?

 

それは吉継に人望があっただけでなく、その生き方が他の武将からも尊敬されていたからではないかと思います。

 

関連記事⇒石田三成と大谷吉継の友情の逸話と墓の発掘調査!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ