真田丸の最終回までのあらすじ(詳細ネタバレ)一覧と感想!!

今回は2016年の大河ドラマ『真田丸』の各話のあらすじをご紹介。

 

真田丸で活躍する人物は史実ではどのような働きをしたのか?

 

歴史初心者の方にも分かりやすく各話のあらすじをまとめたので、登場人物を紹介するリンク先も合わせて活用して下さい。

 

スポンサードリンク

主人公真田信繁について

真田丸のあらすじを紹介する前に、超簡潔に真田信繁という人物を解説します。

 

  • 性格は物腰が柔らかく辛抱強い。口数が少なく怒ることのない人物だった。
  • 真田家は三途の川の渡し賃である『六文銭』を旗印にしていた。
  • 信繁の軍は真田の赤備えという真っ赤(朱色)で統一した具足(鎧)が特徴。
  • 若い頃は人質として他家で過ごす日々が続く。
  • 人質生活中に大谷吉継と知り合い、を正室に迎える。
  • 人質生活を終え真田家に戻るも、関ヶ原の戦いが起こり兄である信幸と対峙。
  • 上田城の戦いには勝利したものの、関ヶ原で西軍が敗れたため蟄居生活へ突入。
  • 「歯も抜けて髭も全て白くなってしまった」と愚痴るほど辛い16年。
  • そんな中、まさかの豊臣秀頼から大坂城入城の誘い。
  • 大坂の陣では徳川家康を追い詰めるがあと一歩及ばず。
  • 敵方から「真田日本一の兵(つわもの)」と賞される。
  • 後年、その生き様が判官びいきの日本人の間で人気となる。
  • 歴史ゲームの影響などもあって戦国武将としての人気をさらに高める。
  • 2016年の大河ドラマの主人公になる←

 

あらすじと感想

NHK大河ドラマストーリーを参考にして、真田丸のあらすじや視聴した感想を随時UPしていっています。

先の展開を知りたくない場合はネタバレがあるので注意してください。

 

第1話『船出』のあらすじとネタバレ

第2話『決断』のあらすじとネタバレ

第3話『策略』のあらすじとネタバレ

第4話『挑戦』のあらすじとネタバレ

第5話『窮地』のあらすじとネタバレ

第6話『迷走』のあらすじとネタバレ

第7話『奪回』のあらすじとネタバレ

第8話『調略』のあらすじとネタバレ

第9話『駆引』のあらすじとネタバレ

第10話『妙手』のあらすじとネタバレ

第11話『祝言』のあらすじとネタバレ

第12話『人質』のあらすじとネタバレ

 

12話までの逸話が収められているのが下記のBlue-rayとDVD。

下記のアマゾン限定ボックスだと、真田丸扇子が付きます。

 

Blu-ray DVD

 

第13話『決戦』のあらすじとネタバレ

第14話『大坂』のあらすじとネタバレ&感想

第15話『秀吉』のあらすじとネタバレ&感想

第16話『表裏』の感想

第17話『再会』あらすじと感想

第18話『上洛』の感想

第19話『恋路』のあらすじと感想

第20話『前兆』のあらすじと感想

第21話『戦端』のあらすじと感想

第22話のあらすじと感想

第23話のあらすじ

第24話のあらすじ

第25話のあらすじ

第26話のあらすじ

第27話のあらすじ

第28話のあらすじ

第29話のあらすじ

第30話の感想

第31話のあらすじ

第33話『動乱』の感想

第34話『挙兵』の感想

第35話『犬伏』のあらすじと感想

第36話『勝負』のあらすじと感想

第37話『信之』の感想

第38話『昌幸』の感想

第39話『歳月』の感想

第40話『幸村』の感想

 

cta

 

第41話『入城』の感想

第42話『味方』のあらすじ

第43話『軍議』のあらすじ

第44話『築城』のあらすじ

第45話『完封』のあらすじ

第46話『砲弾』のあらすじ

第47話『反撃』のあらすじ

第48話『発火』のあらすじ

第49話『前夜』のあらすじ

最終回のあらすじ

 

 

真田丸の視聴率の推移は下記の記事にまとめています。

 

関連記事⇒視聴率のまとめ

 

近年の大河ドラマの例に漏れず原作はなく、三谷幸喜さんが脚本も担当する完全オリジナルの作品です。
各話のあらすじは情報が入り次第、追加更新していきます。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





One Response to “真田丸の最終回までのあらすじ(詳細ネタバレ)一覧と感想!!”

  1. 田中 飛圭 より:

    戦国時代は、面白いです(^_^)。
    僕は、戦国時代の話が好きで、歴史じたいが好きです。
    だから、最後まで見たいです。

コメントを残す

このページの先頭へ