堀田作兵衛は実在の人物?真田丸で幸村を支える地侍の本当の姿!

真田丸に登場する堀田作兵衛。

普段は農民として畑仕事に精を出しながら、ひとたび戦となれば槍を持って先頭に参加する頼りになる兄貴分ですよね?

 

真田丸初期の頃の話しなので忘れてしまってるかもしれませんが、作兵衛は真田幸村の最初の妻になった梅の兄です。

第一次上田合戦でお梅が亡くなると、子供の『すえ』を引き取り、時には自分のお乳をあげてまで育てようとしていましたね(笑)。

 

真田丸では、真田家の当主である信之より幸村個人に惚れ込んでいて、幸村のために信之に刃を向けてまで大阪城に駆けつけています。

今回はそんな堀田作兵衛についてです。

 

スポンサードリンク

堀田作兵衛は実在の人物?

堀田作兵衛って身分が低いのにも関わらず、戦いにも強く、大坂の陣ではかなりいいポジションにいるけど、本当に実在した人物なの?って疑問が出てきますよね?

 

安心してください。

堀田作兵衛は堀田興重(おきしげ)という名前で一般的には知られています。

 

ただ、知られているとは言っても歴史的には全くと言っていいほど無名。

妹のお梅(実際は娘)が真田幸村に嫁いでいることでかろうじて名前が残っているくらいです。

 

 

 

そのため、実は堀田作兵衛に関しては詳しい事はほとんど分かっていません。

なので、資料が残っていないぶん、真田丸では史実とはほぼ関係なく、自由に活躍するキャラクターとなっています。

 

幸村と梅の娘であるすえの親代わりというのも真田丸のオリジナルストーリー。

さらに真田丸で描かれるような普段は農民として暮らし、戦の時だけ槍を持って戦うといった半士半農の侍ではなく、本当はもう少しきちんとした真田家の家臣だったのではないかと思います。

 

資料が残っていない分、実際にどうだったのかは分かりません。

ただ、娘の梅(真田丸では妹)が幸村に嫁いでいることを考えると、同じく幸村にきりを嫁がせた高梨内記と同じくらいのポジションにいた家臣だったのではないでしょうか?

 

こんな感じで堀田作兵衛に関する詳細な記録はほとんど見つけることができませんが、ただ1つ、大阪夏の陣の際に幸村の元へ駆けつけ、共に戦って討ち死にしたということは分かっています。

 

残っている数少ないエピソードがこの男気溢れる話・・・。

これは大坂の陣での信繁の最期を盛り上げたい三谷さんの目にも止まりますよね。

 

 

状況的には娘を真田信繁の嫁に出し、大阪の陣で信繁と共に戦った高梨内記と同じような感じですね。

堀田作兵衛も高梨内記事も、幸村の義理の父として息子と共に戦う道を選んだようです。

 

関連記事⇒高梨内記とは?きりの父親が真田信繁に最後まで従った理由!!

 

作兵衛は真田丸の終盤で、大阪城内で畑を開墾。

そこは元々、千利休の屋敷があった場所で、後に幸村が家康を狙撃する馬上筒を発見するという重要な役割を果たします。

 

いよいよクライマックスを迎える真田丸の大坂の陣ですが、個人的には幸村や又兵衛、勝永らの名の知れた武将の最期よりも、幼い頃から幸村に従ってきた内記や作兵衛の最期のシーンに涙腺が崩壊してしまいそうです。

 

関連記事→真田丸最終回のあらすじ(ネタバレあり)!

 

藤本隆宏

今回、真田丸でこの堀田作兵衛を演じるのは、俳優の藤本隆宏さん。

体格のいい俳優さんだなと思っていたのですがそれもそのはず、藤本さんは元競泳の選手でオリンピックにも出場されています。

 

トップアスリートから俳優に挑戦された役者さんで、劇団四季にも所属。

常に高いレベルに身を置いてきた方だということが分かります。

 

戦闘シーンでの槍さばきが様になっているだけでなく、体格や風貌がいかにも戦国の男といった感じなので、真田丸の世界にバッチリハマっていますよね。

 

醸し出すオーラが頼れる兄貴って感じなので、赤備えを率いる幸村からしたら、こんな家臣がいれば心強いでしょうね。

藤本さんの演じる作兵衛は、こんな部下がいたらいいなという見本みたいな人物だと思います。

 

妹の梅とは?

真田幸村には正室の他に4人の側室がいました。

その中で一番に子供・すえ(阿菊)を生んだのが女優の黒木華さん演じる梅でした。

 

関連記事⇒黒木華演じる梅と信繁の結婚と大河ドラマでの最期!!

 

梅は真田家の家臣であった堀田作兵衛の娘で、早くから信繁と親交がありました。

(真田丸の中では堀田作兵衛の妹という設定)

 

同じく真田信繁の側室となるきり(長澤まさみ)もそうなのですが、梅に関しても詳しい資料というのは残っていません。

 

関連記事⇒真田信繁の側室きり(長澤まさみ)が真田丸ヒロインがの理由!!

 

戦国時代の女性というのは家系図に『女』としか記されない事などもあり、有名な戦国大名の正室等でない限り、記録が残っている事が少ないんですよね。

 

まとめ

堀田作兵衛は史実と設定は異なるとはいえ、実在した真田毛の家臣。

娘の梅が生んだ『すえ』の養父となっています。

 

個人的に、クライマックスを迎える大坂の陣での堀田作兵衛と高梨内記の活躍は、真田丸の裏メインだと思っています。

 

大坂五人衆ばかりが注目されてしまう真田丸ですが、作兵衛や内記の最期がどのように描かれるかで、最終回の盛り上がりも変わってくるはずです。

 

関連記事→大坂の陣で真田幸村と共に戦った大坂城五人衆の逸話!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ