室賀正武の最期と徳川家康と共謀した真田昌幸暗殺計画!!

室賀正武(むろがまさたけ)は今の長野県の小県(ちいさがた)を治めた豪族。

 

真田丸では俳優の西村雅彦さんが演じています。

 

室賀正武(むろがまさたけ)は歴史的にはほぼ無名な人物ですが、今回の真田丸ではかなり物語りに食い込んでくる人物。

 

そこで今回は室賀正武がどういった人物で真田昌幸や徳川家康とどのように関わっていったのか?

 

その辺りに踏み込んでみたいと思います。

 

スポンサードリンク

室賀正武とは?

室賀正武は長野県の一部を治める豪族の1人。

 

同じく長野県の一部を領地としていた真田昌幸とはライバルのような関係にありました。

 

現代で言えば、同じ地域で事業を営む中小企業の社長同士といった感じですね。

 

信濃は武田氏の勢力下にありましたが、武田氏が滅亡した後は織田信長や上杉景勝、北条氏直の標的となり、正武や昌幸達は、どこかの勢力に属して家名の安泰を図る事になります。

 

この時、真田昌幸は織田信長、上杉景勝、北条氏政、徳川家康と次々に主君を変え、真田家を守り通した事は有名です。

 

関連記事⇒3分で分かる!!徳川家康が恐れた武将真田昌幸!!

 

その中で室賀正武と真田昌幸はそれぞれ違う勢力に属して対立を深めることとなり、昌幸は室賀領への侵攻を開始します。

 

昌幸の侵攻に対して室賀正武も真田軍との決戦を決意します。

 

しかし、真田軍の猛攻の前に劣勢を強いられた正武は、昌幸に和議を申し入れ、実質的に真田昌幸の傘下に入ることになります。

 

元々は、同じ地域で同じ規模の豪族だった室賀家と真田家。

 

そんな関係から、結果的には吸収合併される事になってしまった正武の無念、そして真田昌幸に対する怒りが室賀正武という人物の運命を変えてしまいます。

 

室賀正武と真田昌幸の戦いは、一般的には知られていない本当にマイナーな一地方の小さいな戦い。

 

この辺りを真田丸の物語に組み込んでくる辺りが、歴史好きの三谷幸喜さんらしいですね。

 

徳川家康の謀略

戦に負け、一応真田昌幸の傘下ということになった室賀正武。

 

しかし、かつてのライバルであった真田昌幸の下の立場になるというのは、どうしてもプライドが許さなかったようです。

 

徳川家康と北条氏直が同盟を結んだ際、徳川家康は昌幸の領地であった沼田の領地を北条に譲ると約束。

 

関連記事⇒天下を取った男!!徳川家康の性格と死因!!

 

コレに納得がいかなかった昌幸は徳川家康の下を去り、上杉景勝の下に入ることを選択します。

 

そして、昌幸の離反に腹を立てた徳川家康が利用したのが室賀正武。

 

家康は家臣となりながらも、昌幸に良い感情を抱いていなかった正武に対して「真田昌幸を暗殺するように。」という命令を出します。

 

つまり、徳川家康は室賀正武を真田昌幸を排除するための謀略の駒として使ったわけです。

 

室賀正武の最期

ある日、昌幸から上田城に招かれた正武は家臣を引き連れて登城します。

 

もちろん、昌幸を討ち取るという目的を持っての登城でした。

 

しかし、控えの間に通されると、突然案内をしていた昌幸の家臣に斬りかかってきます。

 

この時は、さすがに正武もなぜ自分達が襲われるのか訳が分からず混乱した事でしょう。

 

実は既に真田昌幸は室賀正武の家臣を調略していて、正武と家康の暗殺計画は全て昌幸に筒抜けになっていました。

 

つまり、昌幸は自分の命が狙われていることを知った上で、正武たちを上田城におびき出しただけでした。

 

その事に正武が気づいたかどうかは分かりませんが、正武はその場で討ち取られてしまいます。

 

コレが謀将と呼ばれる真田昌幸の実力。

 

後に天下を取る徳川家康の謀略の上を行く知力を持っていることを考えると、もともと室賀正武が敵う相手ではなかったのかもしれません。

 

かつてのライバル真田昌幸の下につく事を良しとしなかったたプライドが運命を決め、その結果、正武は哀れな最期を迎えることになってしまいました。

 

真田家がこういった調略や情報工作が得意だった理由。

 

それには出浦昌相や猿飛佐助など、忍びの者の活躍があったからなのかもしれません。

 

関連記事⇒出浦昌相(盛清)_真田信之の信頼厚き真田忍軍の頭領!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ