津田梅子_知花くららが演じる女性と伊藤博文の関係は?

花燃ゆの最終回に登場する津田梅子。

 

モデルの知花くららさんが演じることで話題になりました。

 

津田梅子は現在の津田塾大学の前身となる女子英学塾の創始者で、女性の高等教育に力を入れた人物です。

 

スポンサードリンク

先程、津田梅子は女子英学塾を創設し、女性の教育に力を入れた人物だと説明しましたが、なぜ梅子はそれほどまでに女性教育に力を入れたのでしょうか?

 

それは、梅子が幼い頃にアメリカに渡り、ワシントンのランマン夫妻のお世話になりながら11年間をアメリカで過ごしたことにあります。

 

Tsuda_Umeko

 

津田梅子がアメリカに渡ったのは6歳の時。

 

6歳の女の子がどうやってアメリカに?と思うかもしれません。

 

しかし、そこには歴史の教科書でもお馴染みの、あの使節団が関係していました。

 

岩倉使節団

岩倉具視や木戸孝允、伊藤博文といった政府の要人が並ぶ写真。

 

これはアメリカやヨーロッパを歴訪した岩倉使節団の写真ですが、この使節団の中に当時6歳の津田梅子が留学生として名を連ねていました。

 

Iwakura_mission

 

梅子の父親は元幕臣。

 

この父親が、政府が女子留学生を募集していたものに梅子を応募させたのがキッカケです。

 

アメリカで最も多感な時期を過ごした梅子。

 

アメリカの文化に触れて育った梅子は日本に帰国して、日本の女性の活躍の場が少ない事に驚きます。

 

海外での生活が長かった梅子にとって日本の暮らしは窮屈だったはず・・・。

 

そんな梅子が、女性の地位を向上させるために力を注ぐというのは自然の流れだったのかもしれません。

 

それにしても、6歳の娘を海外留学させようと思った父親も凄い覚悟ですよね。

 

スポンサードリンク

 

伊藤博文との関係

津田梅子は帰国後に井上馨が開催したパーティーに出席し、そこで伊藤博文と再会しています。

 

関連記事⇒井上聞多(馨)を襲撃した実行犯は意外な人物!?

 

梅子が幼い頃の話ですが、井上馨と伊藤博文は岩倉使節団で同じ船に乗った仲でした。

 

それからは、伊藤家に住み込み通訳などの仕事をしていたとされています。

 

ちなみに、伊藤博文と梅子という名前を聞いて、

 

『ああ、伊藤博文の奥さんになる人か?』

 

と思うかもしれませんが、伊藤博文の妻・伊藤梅子と津田梅子は全くの別人です。

 

実は私も一瞬混乱してしまいました(笑)。

 

大の女好きとして知られる伊藤博文ですが、さすがに津田梅子とは何の関係もなかったと思われます・・・。

 

いや、伊藤博文ならもしかしたら・・・?

 

関連記事⇒入江すみとの離婚と伊藤博文の2人目の妻・梅子!!

 

女子英学塾

梅子は生涯未婚を誓い、明治22年には再びアメリカに渡ります。

 

アメリカではひたすら文学に励み、日本文化に興味を持っていた友人の出版の手助けなどもしています。

 

そして、日本に帰国後、現在の津田塾大学の前身となる女子英学塾を千代田区に設立。

 

塾長として教育に携わり、64歳で亡くなるまで生涯独身を貫いています。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ