宇都宮朝房を処罰した黒田官兵衛の苦悩と37話の感想!!

軍師官兵衛の37話「城井谷の悲劇」を見終わった感想です。

今回も重~い回でしたね。

酒宴の席では長政の不気味さと、家臣の緊張、それに気づいていながら抗うことのできなかった宇都宮鎮房の無念がヒシヒシと伝わってきました。

 

スポンサードリンク

宇都宮鎮房の謀殺

今回、軍師官兵衛の中では、秀吉の命を知った黒田長政の独断で宇都宮鎮房を謀殺したように描かれていましたね。

宇都宮一族の粛清は一話の中にまとめて描かれると思っていたのですが、今回は宇都宮鎮房のみ・・・。

次回の朝房と、お鶴(鶴姫)の方がもっと見るのが辛い回になりそうです。

 

何より朝房は好青年だし、お鶴も最初は気が強そうなキャラでしたが、黒田家の侍女たちの優しさに触れて素直さを取り戻していました。

次回はこの2人がと考えたら・・・・・辛いです゜・(ノД`)・゜・

 

朝房と官兵衛

鎮房の息子・朝房は実際に官兵衛に従って肥後の国人一揆の討伐に向かっていました。

体が大きく力の強いことで知られていた宇都宮鎮房の子供だけあって、朝房も武勇の誉れが高く、城井谷の戦いでは長政軍を完膚なきまでに叩き潰しています。

朝房は、それほどの人物なので、官兵衛もかなり用意周到に時期を待ち、中津城で鎮房を長政が成敗すると、官兵衛が家臣に命じて朝房を暗殺したと言われています。

 

官兵衛は決して暗殺というような手段を使うような人物ではないと思うのですが、ここまでの手段を取るとなると、何かよっぽどの理由があったのだと思います。

そのはっきりした理由は分かりませんが、かつての敵とはいえ、若い命を自らの手で奪うという決断は官兵衛にとっても辛い決断だったでしょうね。

 

歴史の真実は?

今回の軍師官兵衛では秀吉が宇都宮一族の粛清を命令したことになっていますが、実際に秀吉がそこまで宇都宮氏の処罰にこだわったとは思えません。

そもそも、【本領安堵】⇒【反故・伊予転封命令】⇒【宇都宮鎮房拒否・反乱】⇒【和睦】⇒【暗殺】という流れで、秀吉が関わったのは伊予転封命令ぐらいまでで、後は黒田官兵衛の判断だと思っています。

 

おそらく、宇都宮鎮房は、和睦を結んだ後も素直に従おうというという姿勢が見えず、黒田家を軽ろんじているようなところがあったため、危険視した官兵衛が苦肉の策で鎮房・朝房親子を殺害したのが本当のところではないかと思います。

 

宇都宮氏からしてみると、先祖代々の土地に住み続けるのは当たり前のことなんですけど、あまりにもそのプライドが高すぎて、官兵衛が早めに手を打っておかないと、後々大変なことになると思うような動きがあったのかもしれません。

地元の領民も宇都宮鎮房のことを慕っていたようなので、一揆を起こされると不利になるという理由もあったでしょう。

 

それほどまでに城井谷が天然の要害で、勝手知ったる宇都宮氏が籠城すれば、2度目はどうなるか分からないという焦りもあったのかもしれません。

そうなれば、無駄に兵力を失うことになるので、官兵衛も宇都宮鎮房・朝房の暗殺という行動を取ったのかもしれません。

 

そう考えると宇都宮親子と城井谷城がいかに名将と堅城であったかが分かりますね。

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ