【超辛口】上杉謙信の織田信長に対しての評価!!

天下を取った徳川家康を完膚なきまでに叩きのめした武田信玄。

 

その武田信玄と互角以上の戦いを繰り広げたのが名将として名高い上杉謙信です。

 

毘沙門天を信仰し、『毘』の旗印を掲げて戦った上杉謙信、彼はなぜ軍神と呼ばれたのか?

 

今回は上杉謙信の性格や、織田信長に下した超辛口な評価に迫ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

生涯戦績

上杉謙信が軍神と呼ばれる理由、それは生涯戦績にあります。

 

謙信は生涯で約70回の戦に出陣していますが、負けたのはたったの2回だけで、勝率は95%を超えています。

 

戦国時代の不敗を誇る武将は他にもいますが、武田信玄や北条氏康、織田信長らも相手にしてのこの戦績には神憑り的なものを感じます。

 

関連記事⇒吉川晃司の先祖・吉川元春が名を上げた鳥取城の戦い!!

 

ちなみに敗戦と呼ばれる2敗は北条氏との戦いにおけるものでした。

 

毘沙門天の理由

上杉謙信が自分は毘沙門天の化身だと家臣に伝え戦に臨んでいたという話は有名ですが、何故毘沙門天だったのでしょうか?

 

gunki

 

それは戦を行う大義名分を家臣に示すためと、自分自身が合戦に出陣するにあたって、その行為を正当化する目的があったのではないかと思います。

 

謙信は少年期を春日山城の麓にある林泉寺で過ごし、住職の天室光育や、信仰深かったとされる母・虎御前の影響もあって、深く仏教に帰依するようになりました。

 

不殺生戒(生き物を殺さない)などの決まりがある仏門で育った謙信にとって戦場は180度違う世界。

 

そこで謙信が導き出した答えが毘沙門天でした。

 

毘沙門天は仏法の守護神で、仏法を敵から守るための武神です。

 

つまり、上杉謙信は自分は毘沙門天と同じように、私利私欲のために合戦をするのではなく、世の秩序を乱す敵を討伐するために合戦をするという意志を周囲に示したのではないかと思います。

 

積極的な領土拡大を狙わなかったため、義将と呼ばれる上杉謙信。

 

謙信にとって戦とは正義のためだけに行うものであったのかもしれません。

(とは言っても、合戦後の略奪などは普通に行っていました。)

 

謙信の性格

謙信の優しい性格と気遣いを表す逸話が残っています。

 

それは家臣の両親に宛てて書いた手紙。

 

謙信の配下に中条景泰という若い武将がいたのですが、若さのせいか、敵の鉄砲隊に突撃していくなど、無茶な行動が目立ったため、謙信は中条を戦列から外してしまいます。

 

息子が上杉軍の戦列から外されたと聞いた中条の両親はとても情けなく落胆した思いでいました。

 

しかし謙信は、『今回の事は景泰のことを思っての事。心配ない。』と、両親に向けて直筆で手紙を書いています。

 

家臣の両親を気遣って、大将がわざわざ手紙を書くというのはあまり想像できませんが、それ程謙信は思いやりのある武将だったと言えます。

 

しかも、手紙は景泰の母親も読めるようにと、漢字ではなくかな文字で書かれています。

 

この逸話から上杉謙信の優しい性格や気遣いが良く分かります。

 

関連記事⇒上杉謙信が女性だったという説が案外否定できないかも!!

 

織田信長への評価

上杉謙信の勢力を恐れていた織田信長は、貢物などを送って謙信と友好関係を築いていました。

 

しかし、武田家を攻め滅ぼすと一転して謙信との対立姿勢を強めます。

 

信長と謙信の直接対決はありませんが、織田軍の猛将・柴田勝家を大将とする織田軍と上杉謙信の間で手取川の戦いという戦がありました。

 

この時、上杉謙信は自ら軍勢を率いて柴田勝家軍を敗走させたと伝わっています。

 

その時に謙信が残したとされる言葉

 

『実際に戦ってみると織田軍は弱い。』

 

これが謙信が織田信長の軍勢に対して下した辛口評価です。

 

『スゲエ奴らだって聞いてたけど、実際戦ってみると超弱いじゃん!!』

 

遠征してきているとは言え、猛将である柴田勝家達の軍を破ってのこの評価・・・・。

 

上杉謙信恐るべしです。

 

上杉軍の特徴

武田の騎馬隊、織田の鉄砲隊というように、戦国武将にはそれぞれの家が得意とする部隊(戦法)がありました。

 

上杉家も鉄砲や騎馬を使った部隊はありましたが、一番多かったのは槍隊の割合だそうです。

 

つまり、上杉謙信の戦法は、細かく縦横無尽に動ける機動力を生かした戦い方。

 

スポンサードリンク

 

そのため夜襲や奇襲を得意とし、手取川の戦いの際も夜陰に紛れて柴田勝家の隊に攻め入ったとされています。

 

上杉謙信の強さは飛び道具に頼るよりも、槍や刀を使った接近戦で最もその威力を発揮していました。

 

しかも謙信自身は大将として後方に陣取るのではなく、先頭を切って敵陣に攻め込んでいます。

 

この事から、謙信は軍略だけでなく、戦場での直感的な判断にも優れた武将だったという事が言えます。

 

武田信玄が『戦闘においては日本無双の名大将』と評価したのも頷けますね。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





3 Responses to “【超辛口】上杉謙信の織田信長に対しての評価!!”

  1. 伊達家 より:

    真田丸の資料を浅野家?の資料を添付する感じ素敵ですね。私も犬歳で、地元宮城を中心に郷土史を少しかじったりしてます。記事などとても面白いです。

    • 三日月 より:

      伊達家さん

      ありがとうございます。
      私は伊達家について知りたいことが沢山あるので、宮城に住んでいらっしゃるのが羨ましい限りです。

      良かったらまた遊びに来て下さいね。

  2. 四王天但馬 より:

    前田利家、利長。黒田如水、長政。
    細川幽斎、忠興。
    いずれも信長ー秀吉ー家康と仕えて大藩の祖となった親子ですが
    信長からすれば、前田家は直臣、黒田家は陪臣、細川家は他家の臣下→臣属。
    秀吉からすれば、前田家は朋友→臣下、黒田家は直臣、細川家は同僚の組下→臣下。
    家康からすれば、前田家は同格大名→臣属大名、黒田家、細川家は格下の豊臣臣属大名→ 臣属大名。
    三家の間の家の格付も交誼も変遷を経ていると思いますが、実際にはどんなモノだったのでしょう?

コメントを残す

このページの先頭へ