小寺政職を赤鼻のバカ殿として有名にした軍師官兵衛!!

大河ドラマ「軍師官兵衛」では片岡鶴太郎さんが無能で決断力も乏しいのに、どこか憎めないキャラの小寺政職を演じています。

 

なんで赤鼻なんだろうと思っていたのですが、これは鶴太郎さんのアドリブというか遊び心からの提案だそうで、今ではトレードマークとなっていますね。

 

私も含めてなんですが、この小寺政職の言動には腹が立ったり、ヤキモキさせられる人が多いのではないかと思います。

 

しかし、小寺政職という人物は鶴太郎さんの憎めないキャラ設定があるためぼやけてしまっていますが、よくよく考えてみると、なかなか狡猾で戦国武将としての資質を持った主君だと思いませんか?

 

スポンサードリンク

黒田重隆の登用と職隆の重用

小寺政職は大河ドラマでは優柔不断で頼りない主君というキャラクターですが、政職の一番の功績は黒田官兵衛の父親である黒田職隆や祖父重隆の能力を見抜いて小寺家の家老職に抜擢したということではないでしょうか?

 

ドラマの最初の頃に少し話がありましたが、黒田家は元々、小寺家の家臣でありません。

 

それを召抱えただけでなく家老とするとなると、元々小寺家に仕えていた家臣たちが反発することは目に見えているのに、そこで若い官兵衛の事も重用しているところを見ると家柄に関係なく実力主義を取り入れています。

 

実力主義と聞いて真っ先に思い浮かぶのが織田信長。

 

明智光秀や荒木村重などの中途採用だけでなく、羽柴秀吉という身分の低い者でも活躍によっては重要なポジションを与えるというやり方に似ています。

 

黒田家も元々は目薬屋だったことを考えると小寺政職が官兵衛の祖父黒田重隆を登用したことは、信長が秀吉を登用した事と同じくらい人を見る目があったということかもしれませんね?

 

息子・いつきを人質に出さない

政職は早くから毛利ではなく織田信長につきますが、この時に息子のいつきを病気だと偽って人質に出していません。

 

いつきが本当に病弱だったことも考えられますが、結果的に小寺家の家老という立場にあった黒田官兵衛の息子・松寿丸(のちの黒田長政)を人質に出すことになり、社長があえて自分の息子は手元に残し、会社の重役の息子を人質に出させたと見ることができます。

 

こう考えるとかなり悪知恵の働く、狡猾な経営者のようにも思えます。

 

そして何より、織田信長に謀反を起こした荒木村重を説得に行ったが黒田官兵衛を殺すように依頼するという残忍さが上げられます。

 

自分の代わりに息子を人質に出し、小寺家のために働いてきた官兵衛を殺すように依頼するということはまさに社員使い捨ての精神。

 

どんな有能な社員でも使い道がなくなれば切り捨てるという政職の残忍さを表しています。

 

現代に生きていれば有名なブラック企業の経営者になっていますね(笑)

 

荒木村重が官兵衛を殺さずに幽閉するだけに留めたのは、官兵衛があまりにも哀れだと思ったからかもしれません。

 

息子いつきのその後

小寺政職が毛利に寝返ると、羽柴秀吉の軍勢が御着城を攻め落とし、政職と息子いつきは毛利を頼って毛利領の鞆の浦に落ち延びます。

 

ちなみに鞆の浦には将軍足利義昭や荒木村重も滞在し、何故か人生の失敗者が再起を夢見て集まる場所になっていたようです。

 

幕末には坂本龍馬も潜伏していたので、何かそういった人たちが集まるパワーを持っているのかもしれませんね(笑)

 

そこで政職は亡くなったと言われていますが詳しい事は分かっておらず墓所なども不明です。

 

通常、墓所というのは地元の人に慕われていた人物ほど手厚く保護され、現在に残っているといいます。

 

馴染みのない土地にきたとはいえ、一時は播磨にその名声を轟かせた小寺政職も寂しい最期だったと予想できますね。

 

一方、政職の息子いつきは後に黒田官兵衛に迎えられ、小寺氏職と名乗り黒田家の藩士として存続していきます。

 

これは、かつての主君の息子であるいつきが、没落していると聞き、官兵衛が秀吉に「かつての恩ある主君の子供なので自分が養育したい」と申し出たためだといわれています。

 

官兵衛さん、かっこよすぎます。

 

それにしても、大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、小寺政職は無能な武将、さらに赤鼻のバカ殿というイメージが完全に定着してしまいましたね(笑)

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ