西田敏行演じる更科六兵衛は実在の人物?真田丸には登場するのか?

三谷幸喜さんの映画をご覧になっている方で意外と気になっている人が多いのが更科六兵衛(さらしなろくべえ)は真田丸に登場するのかという事。

 

更科六兵衛とは三谷幸喜さんの監督した映画『すてきな金縛り』に登場した西田敏行さん演じる架空の戦国武将なのですが、その後に公開された『清州会議』という映画にも登場しています。

 

今回の『真田丸』も清州会議と同じ戦国時代が舞台。

 

小ネタが好きな三谷幸喜さんであればこの西田敏行さん演じる更科六兵衛を放り込んできそうな気もします。

 

スポンサードリンク

更科六兵衛のモデル

更科六兵衛は小多摩城主である北条氏長の重臣という設定の架空の戦国武将です。

 

(下記の動画で甲冑に陣羽織姿で西田敏行さんが演じているのが更科六兵衛)

 

 

しかし更科六兵衛は、実在した北条氏の家臣、笠原新六郎(笠原政尭 かさはらまさたか)がモデルであるとされています。

 

笠原新六郎は北条氏の家臣であった松田憲秀の長男で、武田勢との最前線であった戸倉城を任されていました。

 

しかし戸倉城も隣接する武田方の沼津城も要害堅固な城であったため、お互いの兵がやみくもに攻め込むという事がありませんでした。

 

全く戦が行われなかったことから北条家の中から笠原新六郎は武田に内通しているのではないかという噂が立ち始め、北条家の中で居場所を失った笠原新六郎は北条家を見限り、本当に武田方についてしまいます。

 

やがて、武田家が滅亡すると父の松田憲秀の取り成しもあり北条家に復帰しますが、豊臣秀吉の小田原征伐の際に、豊臣方に寝返ろうとしたことが発覚し、小田原城内で粛清されています。

 

西田敏行

この笠原新六郎をモデルにした更科六兵衛を西田敏行さんが演じて、『すてきな金縛り』という映画に登場しました。

 

そして、その後に公開された清州会議という映画では、西田敏行さんが全く同じ役柄で、関東から清州城へ向かう途中の滝川一益の前に現れます。

 

今回の真田丸も時代は全く同じ、そして滝川一益のキャストも発表されているように、真田家が関わった北条攻めのシーンも放送されるはずです。

 

そこで、三谷幸喜さんが更科六兵衛を登場させるのか?といったことが小さな話題になっています。

 

スポンサードリンク

 

NHKは厳しい?

個人的にはNHKとの兼ね合いもあり、西田敏行さんという大物俳優を、更科六兵衛役で出演させるのは難しいのではないかと思います。

 

しかし、もしかすると実際の北条氏の家臣である、笠原政尭役での登場はありそうな気がしています。

 

三谷幸喜さんの性格上、西田敏行さん、更科六兵衛、笠原政尭には何か関係を持たせた演出をしそうな気がしています。

 

『ステキな金縛り』『清州会議』をご覧になった方は、真田丸に更科六兵衛が登場するのか?

 

はたまた、西田敏行さんがどういった役柄で登場するのかも注目してみて下さい。

 

関連記事⇒2016年の大河ドラマ『真田丸』出演キャスト予想⇒決定情報まとめ!!

関連記事⇒真田信繁(幸村)の性格と六文銭の意味!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ