実は仲良し!!織田信長と毛利元就の意外な関係!!

織田信長の命を受けた羽柴秀吉による中国攻めで手痛い敗北を喫した毛利家。

 

この時、一代で中国地方を制覇した某将・毛利元就はこの世の人ではありませんでした。

 

そのため、あまり語られる事のない織田信長と毛利元就の関係。

 

今回はその辺りに迫ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

織田信長と毛利元就

織田信長が美濃を攻略した時に毛利元就は既に尼子氏を攻め滅ぼし、中国地方一帯を傘下に治める大勢力となっていました。

 

少し意外かも知れませんが、実は織田信長は毛利元就の存命中は毛利家と戦をする気はなく、とても友好的な関係を築いていました。

 

そのため元就が亡くなった時、信長は毛利家に香典を届けたりもしています。

 

Odanobunaga

 

そしてさらに意外なことに、毛利元就が窮地に陥った時に織田信長に助けを求め、信長がその求めに応じて兵を派遣したこともあります。

 

毛利家が九州へ出兵している時期を見計らって、山中鹿之助が尼子勝久を担ぎ出し出雲で挙兵します。

 

これは九州で毛利軍と戦っていた大友宗麟が毛利の背後を突くために仕掛けた計略で、宗麟と尼子残党が手を結んだ事で毛利は挟み撃ちされる事になります。

 

毛利元就は挟撃され、不利な状況に陥りますが、その時に元就が頼りにしたのが織田信長でした。

 

元就は信長に書状で尼子氏の裏で糸を引く、但馬の山名氏を攻めるように依頼し、信長はこの依頼を承諾。

 

羽柴秀吉に但馬を攻めさせます。

 

これから数年かけて元就は、尼子勝久や山中鹿之助を撃退して出雲を取り戻すわけですが、元就が亡くなった後、勝久と鹿之助が再度毛利に対して兵を挙げた時、打倒毛利のために力を貸したのが織田信長だったというのは、何ともやりきれない感じがしますね。

 

織田信長と吉川元春・小早川隆景

羽柴秀吉の中国攻めの際に秀吉軍と対峙した毛利元就の息子、吉川元春と小早川隆景。

 

関連記事⇒吉川晃司の先祖・吉川元春が名を上げた鳥取城の戦い!!

関連記事⇒黒田官兵衛が慕った小早川隆景の逸話!!

 

実はこの2人も織田信長と関係が良好な時期があり、お互いがやり取りした手紙も残っています。

 

信長が元春に宛てた手紙には「元春が出雲に出陣して滞在している事で多くの勢力が毛利に降ったと聞いた。とてもめでたい事だ。」と元春の労をねぎらう一文があります。

 

元春が出雲に滞在している事を信長に知らせたのは元就のようで、両者の良好な関係が伺えます。

 

テレビドラマの中では敵対関係にしか描かれない信長と元春・隆景なので、実際に交流があったという事実は、何とも不思議な感じがします。

 

織田家と毛利家の関係が悪化していくのは元就が亡くなり、将軍・足利義昭が毛利領にやってきた頃から。

 

最初は織田家との関係を考慮した毛利輝元や吉川元春、小早川隆景の意向を受けて、安国寺恵瓊が義昭に毛利領に来ないように釘を刺し、義昭も了承していたのですが、最後には行き場がなくなったのか、毛利を頼って来てしまったみたいですね(笑)

 

足利義昭は毛利にとって疫病神以外の何者でもなかったのかもしれません・・・。

 

毛利元就が生きていたら

織田信長の命を受けた羽柴秀吉が、打倒毛利を掲げて中国地方に進出してきますが、この時毛利元就は既に亡くなっており、孫の輝元が毛利家を継いでいました。

 

輝元は凡将と言われ大将としての器量に欠けると世間一般では言われています。

 

そのため叔父である、吉川元春と小早川隆景が輝元に代わって戦場で指揮を取っていましたが、それでも毛利家は織田家に攻め込まれ、備中高松城の戦いで、ついに和議を結ぶことになります。

 

和議と言っても、領地の割譲と城主清水宗治の切腹と言う条件で、これは実質的な敗北となります。

 

では、この時に毛利元就が健在であれば織田信長との戦いはどのようになっていたのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

謀将 毛利元就

毛利元就は合戦で見事な采配を振るう武将と言うわけではなく、戦になる前に調略などで、相手を疑心暗鬼に落し入れ、有力武将を排除すことを得意としています。

 

Motonari_Mouri

 

いくら織田信長、羽柴秀吉と言えども、全盛期の元就の切り崩し工作の前には苦戦するのではないかと思います。

 

宇喜多直家、別所長治、荒木村重、明智光秀、本願寺顕如、小寺政職。

 

毛利輝元率いる毛利家と、毛利元就率いる毛利家では、間違いなくこのあたりの人物の行動が変わってくると思うので、秀吉も備中高松城まで攻め込めていないかもしれませんね。

 

ただ、歴史好きとしては戦になったらなったで毛利元就と羽柴秀吉の指揮下で、

 

・吉川元春 vs 加藤清正・福島正則の猛将対決

・小早川隆景 vs 黒田官兵衛・大谷吉継の智将対決

 

が、どのような結果になるのか想像してみるのが楽しみではあります。

 

いくらでも想像が膨らんでいくのが歴史の面白いところですね。

 

関連記事⇒毛利元就の厳島神社に対する信仰心。

 

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ