織田信長に反抗した荒木村重と妻だしの有岡城の戦い!!

大河ドラマ軍師官兵衛で注目を浴びた荒木村重と妻・だし。

 

村重は織田信長が認めた優秀な武将で、妻のだしも『今楊貴妃』と言われるほどの絶世の美女だったとされています。

 

しかし、このだしは荒木村重が織田信長に背いた事により哀れな末路を辿り、村重自身も十字架を背負いながら生きることを選びます。

 

スポンサードリンク

荒木村重の性格や評価

荒木村重は主家の内乱に乗じて勢力を拡大し、和田惟政を破り茨木城主となります。

 

それから後、織田信長から摂津の国の支配を許されると、摂津の伊丹氏を滅ぼし名実共に摂津の支配者となります。

 

murashige

 

自分の才覚だけでのし上ったところを見ると、武勇はもちろん、多少のずる賢さや野心も持ち合わせていた武将だったようですね。

 

宣教師のルイス・フロイスは「短気で頑固なところはあるが、普段は穏和で陽気」と村重の性格を表現しています。

 

また、残虐で知られた織田信長とは違い、人の命を大切にする一面も持ち合わせていたようです。

 

その理由は、村重は人質を殺すという事をしていないこと。

 

黒田官兵衛を有岡城に幽閉した時も、小寺政職から官兵衛を殺すようにと言われていますが、幽閉するだけにとどめ、信長に謀反を起こした時に自分の元に居た、高山右近の人質や、息子の嫁に来ていた明智光秀の娘を殺すことなく送り返しています。

 

その他にも、戦の最中に討ち取れる敵の大将を見逃したこともあったようです。

 

有岡城の戦い

そんな村重、恐怖政治を続ける織田信長に付いていけなくなったのか、ある日突然、信長に反旗を翻し、有岡城に籠城します。

 

関連記事⇒織田信長の性格と本能寺の変の真実!!

 

激怒した信長はすぐさま軍勢を派遣しますが、村重は総構え(城下町を取り込んだ城郭)の有岡城と巧みな用兵で織田軍を苦しめます。

 

村重は毛利や本願寺と同盟を結ぶと共に、有岡城の周囲に砦を築いていたので織田軍も力攻めでは有岡城を落とすことはできません。

 

さらに、荒木村重は織田信長から摂津を任されるだけあって、戦も上手く、奇襲を仕掛けては織田軍を散々に苦しめています。

 

しかし、そんな戦況の中、毛利からの援軍が到着しないことに不安を覚えた村重は、突然、夜陰に乗じて有岡城を抜け出します。

 

向かった先は嫡男が護る尼崎城。

 

これは、逃亡とも、毛利氏に直接援軍を頼むためとも言われていますが、はっきりとしたことは分かっていません。

 

だしの最期

村重のいなくなった有岡城は織田軍の総攻撃を受けて降伏開城し、妻子は囚われの身となります。

 

信長は尼崎城と花隈城を明け渡すなら家臣と妻子の命は助けるという条件を出し、家臣が村重の元までこの条件を伝えに行きますが、村重はこの要求を突っぱね、家臣や妻子を見捨ててしまいます。

 

これに激怒した信長は、荒木家の家臣や妻子を磔にして銃殺したり、生きたまま農家に押し込め、火を放って焼き殺したりしました。その数は500名以上に上ります。

 

そして、だしは荒木一族や重臣と共に、京都市中を引き回された後、六条河原で斬首されました。

 

村重が信長の開城要求を蹴った理由は分かりませんが、結果的に一族を見捨てたことに変わりはなく、戦国の世とはいえ、荒木一族や家臣団はとても哀れな末路を辿ることになります。

 

この時、だしはどんな事を思っていたのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

荒木村重の逃亡の謎

ここで気になるのが、何故、村重は籠城中の有岡城から一人だけ脱出したのかと言う事です。

 

今までは自分が生き延びたいが為の逃亡と言われていましたが、有岡城を脱出した後に書かれたと思われる手紙にこんな一文が残っているそうです。

 

「援軍を待っているので一刻も早く来てほしい。」

 

これは毛利家に対して援軍を催促する手紙で、村重には戦う意思があり、自分の命欲しさの逃亡ではない事が分かります。

 

戦上手の村重の事なので、人知れず有岡城を抜け出し、援軍と共に織田方への奇襲攻撃を仕掛けるつもりだったのかも知れません。

 

村重ならそれくらいの事を考えそうな気もします。

 

家族や家臣を見捨てたのも、降伏などせずに、織田信長に最後まで抵抗するという決意の表れだったのかも知れません。

 

現代の私達の価値観からすると見殺しにされた、妻のだしや家臣たちが可哀想だと思ってしまいますが、もしかするとだしや家臣達は自分達の命よりも信長を倒し、本懐を遂げる事を村重に望んでいたのかも知れませんね。

 

村重は花隈城に入り、織田信長軍に最後の戦いを挑みますがこの戦いでも敗れ、最後には毛利氏に亡命します。

 

その後、信長が本能寺の変で亡くなったため茶人として生きることを選ぶ村重ですが、もし信長が生きていたら山中鹿之助のような、打倒信長を掲げる執念の武将になっていたかも知れません。

 

道糞と名乗る

その後の村重は、毛利氏の比護の下に生活をし、信長が本能寺の変でなくなってからは、堺で茶人として頭角を現します。

 

その時は、家族や家臣を救えなかった自責の念からか、名前を荒木道糞【どうふん(道ばたのフン)】と名乗っていました。

 

しかし、信長の後を継ぎ、天下人となった豊臣秀吉が村重と再会した際に、道糞ではあんまりだと、荒木道薫(どうくん)と改めさせたと言われています。
そして、天正14年(1586年)、茶人・荒木道薫(どうくん)は52歳でその生涯を閉じます。
荒木村重は、自分の実力で戦国の世を駆け上がり、摂津一国を有し、絶世の美女だしを妻とするなど、とてもいい人生を歩んでいる時期もありましたが、織田信長を裏切ってから人生が一転してしまいます。
この信長を裏切るかどうかの決断が村重にとって大きな分岐点になったようです。

 

尾道での足跡

広島県尾道市東久保町の市立中央図書館の裏手に道薫が身を寄せていた竹林寺というお寺があったそうです。

 

図書館を建設する際の発掘調査ではここから井戸の跡が発見されたようで、この井戸の水を使って道薫がお茶を立てていたのかもしれません。

 

この地に残る『筒湯』という地名も道薫が立てたお茶に由来するものだとする説もあり、尾道の町には道薫の存在した証は今も残っているようです。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ